オーガニックハウス

ビラックス

ビラックス

お問い合わせ資料請求来場予約

地震に負けない家づくり

私たち GCO は、お客様が安心して快適に暮らしていただくために住宅の性能と品質を追求します。

永く付き合う住まいだからこそ品質の確かさや、建築構造の耐震性に妥協しません。
そのためには我々の住まいづくりのパートナーとなる建築部材の提供企業と全面的に業務提携をして、 その卓越した建築技術を、住まいづくりに積極的に取り入れています。

GCOが建てる「地震に強い」家

国で定められた最高等級「耐震等級3」相当を実現する地震に強い住まい。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。
建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。
GCO が建てるすべての戸建て住宅は、 全棟で建築基準法の1.5倍の耐震性「耐震等級3」相当を実現しています。

GCOが建てる家 ~ 強さの秘密

壁が強い!

建築基準法

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。 1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

GCOが建てる家

GCOが建てる家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定です。 ※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

GCOが建てる家

GCOが建てる家の家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

GCOが建てる家

GCOが建てる家の基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

強さの証明「実大振動試験」

GCOの提携企業がリリースする建築モデル(姉妹ブランド。GCOが建てる家はこれと同等です)が行った、 実大振動試験をご覧ください。

ハイスペック構造材 JWOOD LVL

強靭な柱「JWOOD LVL」を専用金物で緊結した強固な構造体「JWOOD工法」

おもなベースモデルには、柱・梁・土台等の主要な構造材に、「ウッドワン」が開発したJ-WOOD LVL(単板積層材)を使用しています。

LVL とは約4mmの厚さに加工した木材を、含水率8%にまで乾燥させて、積層・圧着してつくられる建材で、 木材の乾燥による収縮・反り・割れ等の変化が起きない建材です。

LVLは住宅の耐震性能・耐久性能を高めるために生まれたような木質材料であり、その工法は最強の高耐久構造を保証するものです。

接合部に金物工法を採用することで弱点を克服

従来の仕口(画像の在来軸組工法)のような材料への欠き込みが多い工法ではなく、 切り込みを最小限に抑える金物接合を採用しています。

JWOOD LVLの特性を最大限に活かし、ボルト、パイプピン、専用金物で接合することにより、 長い間安定した耐震性を維持できる住宅づくりを実現しています。

強度が必要とされる1階の外周部分に採用

1階の外周部分にJWOOD EX材を使用した住宅は、住宅性能表示制度の「劣化対策等級3」の基準を満たしていると認められ(社)日本建築センターの住宅型式性能認定を取得。

耐久性の高い材料の組み合わせときちんとしたメンテナンスで、住宅として75〜90年の耐久性が認められた材料といえます。

GCOが建てる「長持ちする」家

耐震性だけではない、これから求められるのは持続性能の高い住まい

新しい外来のシロアリにも強い防蟻処理

木造住宅には地震や台風以外にシロアリの被害が大きな問題になることがあります。

建築基準法は「地上から高さ1m以内の材料には防腐・防蟻のための薬剤を塗布すること」とされており、 ほとんどの木造住宅では、建築時に薬剤を現場で塗布することで対応してきました。

しかし、これまで日本にいたシロアリでなく、近年入ってきた「アメリカカンザイシロアリ」などは、 薬剤が塗布された表面を食い破って内部の木材を食べるため、表面だけの薬剤塗布はほとんど意味がありません。
JWOODは、防腐防蟻薬剤が加圧注入されており、中心部までしっかりと薬剤が浸透しており、シロアリの食害に強い材料です

実証された、高い防腐性能

シロアリの生息地域として有名な鹿児島県吹上浜で木杭の屋外試験を実施しました。 JWOODは、中心部まで薬剤が浸透しているため、高い耐久性を発揮しました。

住環境にも安心の接着剤

接着剤には樹脂系の様々な種類がありますが、JWOOD LVLにはフェノール樹脂と呼ばれる接着剤が使われています。

自然環境や衝撃に対する性能が高く、最も厳しい使用条件である「使用環境A」での使用が認められた接着剤のひとつと言えます。

トレーサビリティ(履歴情報の追跡)

一本一本のJWOODには14桁の数字が印字され、トレーサビリティが管理されています。
それらは全ての工程を一貫して管理され、植林から出荷に至る一連の情報(履歴)がその14桁の数字によって記録・保管されます。

JWOOD LVLは全ての材料について、いつどこで作られ、加工された材料なのか説明することができます。 材料のトレーサビリティが厳しい品質管理を可能にし、安心・安全な材料のご提供を実現しています。

その他のピックアップ

お問い合わせ・お申込み

お電話でのお問い合わせ・お申込み

株式会社ジーシーオー
〒292-0043 千葉県木更津市東太田4-4-4
0120-609-366
0120-609-366 お電話はこの番号をタップ
営業時間 : 9:00~18:00定休日:毎週火曜日、水曜日
※上記定休日が祝日の場合は営業しております

メールでのお問い合わせ・お申込み